20140111海外のエロ動画共有サイトで一番有名なのがXVIDEOS。

英語版(http://www.xvideos.com/)と、日本語版(http://jp.xvideos.com/)があります。


日本語版は、英語版を簡単に日本語に訳したもので、簡易日本語版という感じです。

動画自体は英語版と日本語版で共有されており、
http://www.xvideos.com/video4290317/asian..1285636
という動画のURLの「www」を「jp」に変更して
http://jp.xvideos.com/video4290317/asian..1285636
のようなURLにすると日本語版で見れます。

ただ、動画のタイトルやタグは、どちらで見ても英語のままです。

日本語版は、ナビゲーションや広告が日本人向けになっているというだけで、リンク先が英語だったり、日本語で検索しても何も出てこないこともあるので、日本語での利用を前提としていないと思っていたほうが良いでしょう


トップページにアクセスすると、どちらも新着動画が表示されますが、日本語版(http://jp.xvideos.com/)に行くと日本人が出演している動画が選別されるようです。

サムネイルをクリックすると各動画ページに移動し、閲覧できます。


ただ、ここで一点注意が。

各動画ページに移動し、動画を見ようとするとポップアップ広告が表示されます!

ポップアップで開いたウィンドウをすぐに閉じれば問題ありませんので、焦らず慌てず、すぐに広告ウィンドウを閉じましょう。

ただ、ウザイというだけです。


XVIDEOS.COMの広告について

XVIDEOS.COMの広告はジオターゲティング(閲覧元の地域を推測して適した広告を配信すること)しているようで、日本から見ると、日本人向けの広告が表示されます。

一時期前まではワンクリ系の詐欺的広告も掲載されていたような記憶があるのですが、現在では詐欺広告は排除されているようです。(保証は出来ませんので注意してください

これは、TrafficFactory.bizという海外の広告ネットワークをXVIDEOS.COMが採用していて、TrafficFactory.bizがワンクリ詐欺系広告は掲載しないポリシーを持っているからです。

ただ、別の広告ネットワークや独自でXVIDEOSが掲載するかも知れませんので、広告のクリックには十分に注意して下さい。


XVIDEOS.COMの広告枠について

20140111xvideojp動画一覧やトップページでは、こちらの画像のように、右のサイドバーとページ下部に広告枠があります。

エロゲー、エロ漫画、サプリメント、ライブチャットなどの広告が表示されることが多いです。


各動画再生ページでは少し違うレイアウトになります。

JP一番大きく動画枠があり、これをクリックすると、最初に一度だけポップアップ広告が出てきますが、落ち着いてすぐに閉じましょう。

動画の横に広告枠、ページ最下部に広告枠があります。

危険な広告はほとんどないですが、自己判断でお願いします。


動画枠の下には、関連動画一覧が出てきます。
日本語での検索が上手く動作しないので、ここから抜けそうな動画を辿っていくのが良いでしょう。

(XVIDEOSでの検索方法は、また今度!)




以上の広告枠と、ポップアップ広告に注意すれば、XVIDEOS.COMは快適に利用できますが、海外のエロ動画共有サイトではあるので、日本の法律は適用されません。

トラブルがあっても英語での対応となる可能性があります。

ご利用は自己責任で、注意しながら楽しみましょう。



この記事がお役に立てたなら、シェアしていいただけると幸いです。